RSS | ATOM | SEARCH
IPAmj明朝フォントで外字とおさらば!(もやもや3)

JUGEMテーマ:パソコン教室

IPAmj明朝フォント

思い通りの漢字が出てこない!手書きもダメ!「もやもや」しますよね。

 

そんな悩みを解決してくれるのが、独立行政法人 情報処理推進機構が無料で提供している「IPAmj明朝フォント」です。約6万字登録されていて、行政の戸籍関連のシステムにも利用されているようです。

 

企業/個人、商用・非商用を問わずダウンロードして利用できるので、パソコンにインストールしておくと、いざというとき助けてくれますよ(^^)/

 

IPA文字情報基盤導入パンフレッからの抜粋です

IPAmjフォントパンフレット

◆ダウンロードとインストール

IPAmjフォントのダウンロードサイトhttps://mojikiban.ipa.go.jp/1300.html

利用条件やライセンス、インストール方法も掲載されています。

 

◆使い方

文字情報基盤データベースサイト https://mojikiban.ipa.go.jp/search/homeを使って文字を検索します。検索で出てきた文字を、該当文書にコピペします。

 峇靄楔〆」をクリックします

文字情報基盤データベース1

◆屬茲漾廚“ひろ”を入れて検索してみます

文字情報基盤データベース2

4種の“ひろ”が出てきました

いろいろな廣

MJxxxxxxをクリックします

廣をコピー

 

パソコンの先生の悩みの一つが、人名の表記で、「変換された漢字が微妙に違う」と言われることです。いろいろ手を尽くして、言われる「漢字」を出そうとしますが、出てこないときは、外字を作成して生徒さんのPCに設定します。

 

外字は、画面表示は良くても印刷で文字化けしたり空白になったり、生徒さんが自宅で印刷される場合はなおさら、厄介で・・・(-_-;)

 

IPAmj明朝フォント」で外字から解放!(^^)/

 

author:Tanaka, category:パソコン・スマホ・タブレット関連, 13:51
comments(0), -
Comment