RSS | ATOM | SEARCH
生徒さんの出来事(補聴器屋さん)と筆談アプリの紹介

JUGEMテーマ:パソコン教室

補聴器の調子が悪いので、「修理するまでiPadで筆談出来たらいいんだけど(-_-;)」ということで、アプリをご紹介して、使っていただいていました。

 

本日は、その生徒さんが、補聴器の修理に行かれた時の店員さんとの会話(筆談)と『筆談パット』アプリのご紹介です。

筆談パット

------- 店員さんとの会話(筆談)-------

 

以下は、補聴器の修理に行かれた時の店員さんとの会話です。

 

店員さん「これ便利ですね\(◎o◎)/!」

 

生徒さん「iPadのアプリです」

 

店員さん「私もiPad持っているけど入れられますか?」

 

生徒さん「パソコンの先生に入れてもらったから・・・?」※生徒さんらしい(笑)

 

店員さんがアプリを検索されたそうです。

店員さん「出来ました!お客様との筆談に時間がかかるので困ってたんですよ!ありがとうございます!」

 

「補聴器屋さんも知らなかったアプリ、入れてもらってって良かったぁ」という嬉しいお話を聞かせて頂きました(^_-)-☆

 

----------------- ------------- ------------

『筆談パット』のご紹介

画面がセンターで2つに分かれていて、自分が文字を書くと、相手にも表示される「筆談に特化した」コミュニケーションアプリです。

ペンの色た太さは自由に変えられ、書いた画面をカメラロールに保存することもできます。

 

↓この画面を似て頂くと、一目瞭然だと思います。

筆談パット1

コミュニケーションツールとしてのアプリは、筆談だけでなく、動画の字幕を生成するアプリなどもあるようです。

デジタル機器を上手に活用して、生活の質も豊かにしていきたいものですね(^_-)-☆

author:Tanaka, category:パソコン・スマホ・タブレット関連, 15:44
comments(0), -
Comment